健康

花粉症にヤクルトは効果あるの?飲み方についても紹介


花粉の飛ぶ時期になると、花粉症に症状の改善が期待できる食べ物や飲み物が、テレビやラジオで紹介されるようになりますよね。

○○ヨーグルトや、○○飲料、○○の食べ物など・・・。

花粉症に悩むこちらとしては、少しでも花粉症の症状が和らぐなら、花粉症の症状がなくなるならと、食べたり飲んだりしてみたくなりますよね。

今回はその中でも乳酸菌飲料のヤクルトについてを紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク
  

花粉症にヤクルトは効果ある?

ヤクルトを飲むことで、花粉症の症状が改善したと感じている人は確かにいるようです。

一方で、ヤクルトを飲んでも花粉症の症状は良くなっていないという人もいます。

これは、花粉症の症状の改善が期待できると言われている、乳酸菌の働きの特徴からくるものです。

乳酸菌の働きとは、腸内の腐敗菌やカンジダ菌の活動を妨げたり、腸管の免疫系を刺激したりすることです。

それによって、腸内環境が良くなり、体の免疫機能が正常に機能するようになり、花粉症(免疫機能の誤作動)の改善が期待できるというものです。

ですから、人それぞれの体質や生活環境、食生活によっても変わってきます。

ヤクルトを飲むことで、花粉症の症状の改善が期待できると言われるのには、ヤクルトの中に入っている乳酸菌シロタ株というものが、胃酸や胆汁の影響をあまり受けずに生きたまま腸に届く乳酸菌であるからです。

そして、ヤクルトには基本的に、この乳酸菌シロタ株が200億個入っています。

その他に、ヤクルトAceにはシロタ株が300億個。
ヤクルト400には400億個のシロタ株が入っています。

効率的にシロタ株を取りたいという方は、こちらを選ぶと良いでしょう。

ちなみに、ヤクルト400はスーパーなどの店頭では販売しておらず、ヤクルト販売員のお姉さんからでないと購入できないので、注意してください。

価格は、ヤクルトが1本40円、ヤクルト400が1本70円なので、ヤクルトの方が安いのですが、乳酸菌シロタ株を効率的に取ろうと考えると、ヤクルト400の方がお得と言えるでしょう。

スポンサードリンク

ヤクルトの効果的な飲み方とは

乳酸菌の働きを期待するには、乳酸菌を生きたまま腸に届けることが大切です。

ヤクルトを飲むタイミングとしては、食事中か食後が良いようです。
これは、乳酸菌を死滅させる胃酸や胆汁が食事によって薄まるとともに、食事によって、腸への吸収も良くなるからです。

なお、飲む本数はヤクルトなら朝と晩の2回。
ヤクルト400なら朝か晩の1回で十分とのことです。

と言っても、ヤクルトを飲みすぎることによる副作用はないので、何本飲んでも構いません。

しかし、ヤクルトには結構カロリーがあるので、あまり飲み過ぎると太る原因となることはありますが^^;

ちなみにカロリーが気になるという方には、ヤクルト400LTや、ヤクルトカロリーハーフという乳酸菌シロタ株の量が同じでも、カロリーだけ少なくなっている商品もあります。

味も、普通のヤクルトよりも甘さ控えめなので、私は好きです。

ちなみにヤクルトを飲んだからと言って、花粉症の薬を飲んだ時のようにすぐに効果が期待できるものではありません。

ヤクルトに含まれる乳酸菌を継続的に取る事によって、腸内環境が改善し、免疫機能を正常化することで、花粉症の症状の改善が期待できるというものです。

ですから、今すぐに花粉症の症状を緩和したいという方は、病院に行って花粉症の薬を処方してもらいましょう。

生きたまま取るとよい乳酸菌ですが、食事中や食後にヤクルトを飲んだとしても、残念ながら400億個の内の半分以上は胃酸や胆汁によって死んでしまいます。

なので、継続的に安定した乳酸菌を取りたいという方は、乳酸菌サプリメントを飲んだ方が、効率的に乳酸菌を取ることができます。

まとめ

ヤクルトは継続的に飲むことによって、花粉症への効果を期待していくものです。

食事中や食後に飲むようにし、少しでも多くの乳酸菌を生きた状態で腸に届けることを意識しましょう。

しかし、ヤクルトだけを飲んでいれば良いものではなく、規則正しい生活や、栄養のある食事、十分な睡眠と取る事によって、体の免疫機能は強化されます。

健康的な生活を心がけ、乳酸菌も毎日取りながら花粉症の症状の緩和を目指していきましょう。

スポンサードリンク

-健康
-