お出かけ

清水公園アスレチックで着替えは何枚必要?濡れた場合のシャワーは?

更新日:


清水公園は本格的なアスレチックが100種類もある公園です。

この清水公園には水上コースがあり、水没して濡れてしまうことがあります。
 
 
そこで今回は、アスレチックを楽しむのに着替えは何枚必要なのかや、どのくらいの確率で水没してしまうのか、シャワー施設はどんな感じなのかについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
  

清水公園アスレチックで着替えは何枚必要?

清水公園のアスレチックをしっかり楽しむのなら、着替えは2着あると安心です。

水上コース、冒険コースで全身ずぶ濡れになる危険があるので、下着まで2着持っていきましょう。
 
 
また、運動靴も替えを2足持っていきましょう。

靴はかなり重要アイテムで、濡れた靴でアトラクションを行うのは禁止されています。

無理やり濡れた靴でアトラクションをしたとしても、靴が濡れていると踏ん張りが効かず、アトラクションから落下する危険が大幅に高くなります。
 
 
それと、バスタオルです。

シャワーの際にしっかりと体を洗いたいなら、タオルやスポンジ、シャンプーやボディーソープも準備していきましょう。

スポンサーリンク

その他に持っていった方が良いものですが、

軍手・・・
あるとかなり重宝します。素手でロープや木などを持っているとだんだんと手が痛くなってくるので、目一杯アスレチックを楽しみたいなら必須です。

メガネバンド・・・
水没した時にメガネを落としてしまうと回収できません。
視力のかなり悪い人や、お気に入りのメガネをかけている人ならあったほうが安心です。
 
 
尚、これまで挙げてきた着替えや運動靴、バスタオルやタオル、軍手、メガネバンドなどはアスレチック受付にて販売していますので、忘れてしまった場合は現地で購入も可能です。

しかし、どうしても割高になりますし売り切れてしまう場合もあるので、持っていくに越したことはありません。

清水公園アスレチックは本当に濡れるのか

実際にどのくらいの確率で水没し濡れてしまうのかを、私が実際に行って見てきた範囲で紹介します。
 
 
まず、水上コースですが全アスレチックをしっかりこなすのであれば、50%くらいの確率で水没します。

全身ずぶ濡れとなると10%未満かと思いますが、足だけ濡れる、下半身だけ濡れるとなると、全体の半数くらいが濡れていたように感じました。

水上コースには、大人の方が水没しやすいアトラクション、子供の方が水没しやすいアトラクションがあり、大人も子供も同じような確率で水没していました。

ただ、子供の方が身長が低いので全身ずぶ濡れになる確率は高いです。
 
 
冒険コースは、最後の方だけが水上になるので水没の確率は低いです。

水上コースから見ていた限りでは、全体の5%くらいが水没していたように感じました。

子供はほぼ濡れておらず、水没していたのは大人ばかりでした。
 
 
チャレンジコースで濡れる危険があるのは1箇所のみで、濡れている人は見ませんでした。
 
 
尚、どのアトラクションも迂回するコースがあるので、全く濡れることなくコースを回ることは可能です。

持ち物や着替えなどと相談しながら、アトラクションを楽しみましょう。

清水公園アスレチックのシャワーについて

さて、濡れてしまった後のシャワーについてですが、ゴールデンウィークに私達が遊びに行った時でも待ち時間無く使うことができました。
 
 
男性のシャワー室は10か12有りました。

シャワー室は2つの区切りで分かれており、1つ目の扉を開けると荷物を置ける長椅子と着替えができるスペースがあり、2つ目の扉を開けるとシャワーがあるという作りです。

シャワーは5分100円で、しっかりとお湯が出ます。

シャンプーやボディーソープは置かれていないので、しっかり体を洗いたい人は持参するかアスレチック受付で購入しましょう。
 
 
更衣室は広間みたいな作りで個別に分かれていないので、シャワー室に着替え等を持ち込み、シャワーと着替えを済ませると良いでしょう。

まとめ

清水公園アスレチックには着替えを2着持っていくと安心です。

水上コースでは水没し濡れてしまうことを覚悟しておきましょう。

シャワーは待ち無く快適に使えますので、水没を恐れずアトラクションを楽しんで下さい。

スポンサーリンク

-お出かけ
-

Copyright© 葉っぱと水とお日さまと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.