暮らしマナー

送別会の花束のおすすめと相場、渡す人は誰が良いかを紹介

更新日:


もうすぐ春ですね。

春といえば、職場移動や転職、退職などの旅立ちの季節でもあります。

そこで行われるのが送別会。

幹事や花束を選ぶ係りとなり、いざ花束を選ぼうとなると、どんな花束を選んでいいかって、なかなか分かりませんよね。

また花束を渡す人は誰がいいか?
など、普段は何気なく参加していた送別会ですが、いろいろ悩むところがありますよね。

そんな悩みについてのアドバイスをしていきたいと思います。

スポンサードリンク
  

送別会の花束はどんなものがおすすめ?

移動や退職というのは、淋しいものではありますが、新たな旅立ちでもあり、晴れやかな気分でいきたいですよね。

そんな意味合いも込めて、送別会の花束にはピンクや黄色、ミックスなどの明るい色が好まれます。

白い花や紫を基調とした花にはさみしいイメージを持つ人がいます。
相手の好みにもよりますが、好みが分からない場合には避けたほうが良いかもしれません。

なお、菊の花を贈るのはお葬式を連想させるので避けましょう。
 
 
そして、花には花言葉というものがあります。

送別会に送るのにぴったりの花言葉を持つ花は、

ダリア・・・感謝(今までお世話になった気持ちを込めて)
ネリネ・・・また会う日まで、幸せな思い出(今までの感謝の気持ちと、これでお別れではありませんという気持ちで)
スイートピー・・・門出(新しい場所での活躍を願って)
グロリオーサ・・・栄光に輝く未来(まさに花言葉通りですね)

などの花があります。
花でこのようなメッセージを伝えられるって素敵ですよね^^
 
 
また、恋の花のイメージが強い薔薇の花ですが、赤い薔薇の葉には、「あなたの幸福を祈る」という意味があります。

そして、花束の中に入れるとぱっと華やいだイメージになる白いユリの花には「威厳」という意味があります。

薔薇の花束や、白いユリを取り入れた花束なんかも良いですね。
 
 
一方で、ピンクのユリには、「虚栄心」なんて意味があります。
綺麗だからといっても、取り入れる花には注意が必要です。

というわけで、送別会で送るのにふさわしくない花言葉を持つ花としては、

りんどう・・・悲しんでいる時のあなたが好き
クロユリ・・・呪い
黄色のスイセン・・・うぬぼれ、自己愛、エゴイズム

などの花があります。

このような花を送るのは避けましょう。
 
 
花屋で花束を発注する際には、

・送る相手の性別や年齢
・移動後や退職後の予定
・贈る側の人の立場

スポンサードリンク

などをしっかり伝えておけば、送別会にふさわしい花束をアレンジしてもらえます。
 
 
また、ネットなどでも送別会の花束を購入することができます。
その際には、花言葉や色合いに気をつけて見てくださいね。
 
 
あと、送別会というと花束が定番ではありますが、鉢植えをあげる人もいます。

切り花だと枯れてしまったら、それで終わりで淋しいですが、鉢植えだと、その花がある間は繋がっていられるといった意見からです。

持ち運びは多少大変になってしまいますが、こんな考え方も素敵ですよね。

送別会の花束の相場っていくらくらい?

送別会の花束の相場は3000円~5000円位、
定年退職の方には5000円~10000円位が一般的です。

とは言っても、あなたの会社で今までどのくらいの花束が贈られていたのかを調べるのが先決です。

今まで送られていた花束と比べ質素すぎると、貰った方が気にする場合があります。

昨年の送別会の幹事を務めた方を探し、どの位の金額の花束を贈ったのか聞いてみると良いでしょう。

なお、10000円ほどの花束になると片手で持つのは大変になります。
電車通勤の場合には、片手で持てるくらいの大きさにしてあげるのも優しさかもしれませんね。

また、混んだ電車内で花束を持っているのは大変ですし、花束を持って電車に乗るのが恥ずかしいという方もいますので、お車代を渡すという方法もあります。

お車代は適当な額(おおよそのタクシー代)をシンプルな紅白ののし袋に入れて渡しましょう。

送別会の花束を渡す人は誰が良い?

送別会の花束を渡す人については、その人が誰から花束を受け取るのが一番嬉しいかを考えながら決めるのが良いでしょう。

その人が、
一番付き合いの長い同僚や部下から受け取るのが嬉しいようなら、同僚や部下。
綺麗な若い女子社員から受け取るのが嬉しいようなら、新入社員や部署内で一番の美人さんが良いかもしれません。

なお、記念品も一緒に渡す場合には、記念品は送別会で一番役職上の方(責任のある方)が渡すのが一般的なので、花束は若い方が渡したほうがバランス的には良いのかもしれません。
 
 
あと、花束の渡し方ですが、渡された人が、右手部分に束ねたところ、左手に花を抱えるようになるのが良いです。

なので、渡す側は、左手の手のひらで束ねた部分を支え、右手の手のひらで花を支えるようにして花束を渡すと良いでしょう。

まとめ

送別会の花束は、

・ピンクや黄色、ミックスなどの明るい色がおすすめ。
・花言葉に気をつける。
・前年までの送別会の花束とあまり差をつけない。
・その人が誰から花束を受け取りたいかを考える。

などのことを意識し、選ぶようにしましょう。

主役の方に喜んでもらえるよう、心を込めて選んであげてくださいね^^

スポンサードリンク

-暮らしマナー
-

Copyright© 葉っぱと水とお日さまと , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.