年中行事

お花見の弁当におすすめのおかずや上手な詰め方、デートでの持ち物を紹介

更新日:


桜の開花予報などもニュースで流れるようになり、お花見のシーズンが近づいてきました。

桜の木の下でのお花見デートとかも楽しいですよね。

お花見の時のお弁当のおかずを何にしようかと考え始めている方も多いのではないでしょうか?

男の人にはどんなおかずが人気があるのかや、見栄えのするお弁当のおかずの詰め方、そして、お花見の時に忘れがちな持ち物や、あると便利なものなどについてを紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク
  

お花見の弁当でおすすめのおかず

男の人に人気があるのは、やはり何といってもお肉系です。

お弁当の定番のから揚げや、一口サイズのとんかつ、焼肉などです。

また、エビフライやメンチカツなども人気です。

そして、卵焼きやウインナーなども定番として人気です。

その他には、アスパラをベーコンで巻いたものや、エビチリなども男の人は好きな人が多いです。

野菜の方では、プチトマトやブロッコリーを入れたサラダや、ポテトサラダなどがお弁当の定番と言えます。

あと、煮物ができる人は料理上手と思われやすいので、和風の煮物(にんじん、たけのこ、こんにゃく、鶏肉など)をお弁当の中に入れてみるのも良いと思います。
 
 
お弁当は、冷めてから食べることが多いので、普段よりも多少味付けを濃い目にするのが、美味しく作るコツです。
 
 
そして、ごはんですが、おにぎりなども良いですが、ちらし寿司やおいなりさんなんかもおすすめです。

スポンサードリンク

おいなりさんの中身も、普通の酢飯ではなく、五目ご飯にするとさらに美味しいです。
 
 
それと、お花見の時期というのはまだ寒いことが多いので、ポットに暖かいスープを入れて持っていくのも良いと思います。

暖かい飲み物って心も体も温まって良いですよね^^

お花見の弁当の上手な詰め方

お弁当の詰め方や色味も大切ですよね。

詰め方としては、多少おかずがきつめに詰まっているくらいの方が見栄えが良くなります。

そして、紙製やシリコン製のカップなどを使い、おかずごとに仕切りを入れましょう。

また、揚げ物などはレタスに乗せて仕切るのも良いでしょう。
 
 
色味は、赤・黄色・緑のおかずを入れると、綺麗に見えます。

玉子焼きの黄色、エビチリやプチトマトの赤、ブロッコリーやアスパラベーコンの緑などを合わせると、お弁当が華やかに見えます。

玉子焼きの中に青のりを入れて焼いても、黄色に緑が混ざって綺麗です。
 
 
どうしても、揚げ物やお肉を中心にお弁当のおかずを作ると、お弁当自体が茶色系となり、見た目の華やかさはなくなりますが、味で勝負という場合には、それもまた良いのかなと思います。

お花見デートに必要な持ち物

お花見デートでお弁当以外に必要な持ち物としては、

・レジャーシート(これは必需品です)
・ウェットティッシュ
・お箸(意外とお弁当を作るのに夢中で忘れがちです)
・ビニール袋(ゴミ入れとして)
・温かい飲み物や冷たい飲み物(気温によって)

こんなものがあれば、お花見デートを楽しく過ごせます。

あと、ストールなどを持っていくと、お花見の場所が寒かった場合でも、膝にかけておいたりできるので便利です。
 
 
お花見の後の予定にもよりますが、お花見や散歩をメインにしているのなら、歩きやすいスニーカーを履いていったり、パンツスタイルにしたほうが、レジャーシートに座るときも気を使わなくて良いので、おすすめです。

まとめ

お弁当作りというのは、メニューや色どりで色々考えがちですが、一番大切なのは、気持ちです。

あなたが一生懸命作ったお弁当なら、きっと彼も美味しく食べてくれることでしょう。

お弁当作り頑張ってくださいね^^

スポンサードリンク

-年中行事
-

Copyright© 葉っぱと水とお日さまと , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.