健康

花粉症で目元が腫れてしまった!?肌荒れ対策は顔のクレンジングも大切

更新日:


今年も嫌な花粉の飛ぶシーズンとなってしまいました。

目のかゆみや鼻水、くしゃみ・・・。

そして、肌荒れに悩まされている方も多いでしょう。

女性の方は、目元が腫れてしまったりすると、メイクもできなくなってしまい困りますよね。

また、肌荒れによりクレンジングをする際にクレンジングが肌にしみる。
毎日のことなので嫌ですし、メイクそのものが嫌になってしまいますよね。

今回は、花粉症で目元が腫れてしまった時の対処法や、顔の肌荒れのケア、クレンジングの方法などについて紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク
  

花粉症で目元が腫れてしまった時の対処法

花粉症で目がかゆく、掻いたりこすったりしたらまぶたが腫れてしまった。

接客業であったり、就職に向けた面接を控え、どうしてもメイクしないわけにはいかない場合など困ってしまいますよね。

花粉症でまぶたが腫れてしまったときは、皮膚科や眼科で軟膏を処方してもらいましょう。

腫れがひどい時に処方してくれる軟膏には、ステロイドが含まれていることが多いです。
ステロイドが含まれていると、即効性がありすぐ腫れはひくのですが、後々皮膚トラブルの可能性になることもあるので、塗るときには薄ーく塗ることが大事です。

そして、目が痒くても掻いたりこすったりしないことが大切です。

抗ヒスタミン作用の入った点眼薬を使うと、目のかゆみを抑えてくれます。

また、目を冷やすことも効果的です。
目を冷やすことで血流が抑えられ、目のかゆみが抑えられます。

あと、交感神経を高めることでもかゆみの症状が抑えられます。
アイスコーヒーなどを飲むと良いでしょう。

温かいものを飲むと血流が良くなり、かゆみが増してしまうので、避けたほうが良いです。
なので、目を温めることもNGとなります。

また、長時間の入浴もこの時期は避けたほうが良いです。
普段なら全身の血流が良くなり、リラックスできる半身浴などは良いことなのですが、こと花粉症の時期に関しては、血流が良くなる、リラックスする(副交感神経が高まる)ということは花粉症の症状をひどくしてしまいます。

それと夜、無意識に目を掻いてしまっているかもと不安な方には、アイマスクがおすすめです。
普段、アイマスクを使ったことのない方は、最初違和感があるかもしれませんが、すぐに慣れると思います。

スポンサードリンク

花粉症による肌荒れ対策を顔に行う際に気をつけるべきこと

肌荒れが顔中に起きてしまったら、皮膚科に行きましょう。
眼科では、目の周りに塗る軟膏は処方してくれますが、顔全体に塗る軟膏は処方してくれません。

また、皮膚科に通院するほどではない、皮膚科に行くのが面倒なんて方には、化粧用ワセリンを塗ることもおすすめです。

ドラッグストアなどで、白色ワセリンというものが、50g入りで300円位、500g入りで1300円位で売られています。
ワセリンの使用量はクリームなどよりずっと少ないので、1人で使うのなら、50g入りのもので十分でしょう。

ワセリンを塗る際は、先にヒアルロン酸がたっぷり入った美容液などで保湿するのがおすすめです。
その後にワセリンを塗ることで、水分が逃げません。

逆に保湿できていない状態で上にワセリンを塗ってしまうと、皮膚内に水分も吸収されず、余計にカサカサになってしまうことがあります。

そして、花粉症の薬をしっかりと飲み、アレルギー反応を抑えることが大切です。
また、睡眠をしっかり取り抵抗力を高めることも大切です。

あと、コラーゲンを多めに取るようにしましょう。
コラーゲンは肌の新陳代謝を助けます。
鶏手羽先、魚などに多く含まれますから、スープにして食べると食べやすいかと思います。

また、マシュマロにもコラーゲンが豊富に含まれているので、甘いものが好きという方にはおすすめの取り方です。
焼きマシュマロとか美味しいですよね^^

花粉症による肌荒れでクレンジングがしみるときは?

化粧品やクレンジングは、人によって肌質に合う合わないがあり、あなたもこだわりがあると思います。

なので、今まで使っていたクレンジングが肌にしみるからといって、なかなか替えづらいとは思います。

しかし、花粉症による肌荒れでクレンジングが肌にしみる際は、花粉症の時期だけでもクレンジングを変えたほうが良いでしょう。

顔のクレンジングをする際は、肌あたりの優しいものにしましょう。
同じように花粉症で肌荒れのある方は、クリームやミルクタイプをおすすめしています。

そしてクレンジングをすすぐ時は、ぬるま湯が一番肌に刺激も少なくおすすめです。
温度としては32~35℃位が適温でしょう。

また、クレンジング不要のミネラルファンデーションなどもありますので、少しでもクレンジングでの肌の刺激を避けたい方には、使ってみるのも良いと思います。

まとめ

女性の方にとっての花粉症での肌トラブルは、男性とは比較にならないほど深刻なものです。

早めの対処と、適切な塗り薬を処方してもらい、重症にならないよう気を付けましょう。
あと、しっかりと目薬や飲み薬を使い、アレルギー反応を抑えることが大切です。

そして、肌にはしっかりとした水分補給を心がけ、コラーゲンもしっかり取って肌の新陳代謝も活発にしましょう。

まだまだ花粉が飛ぶシーズンは続きますが、頑張って乗り切っていきましょうね。

スポンサードリンク

-健康
-

Copyright© 葉っぱと水とお日さまと , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.