健康

赤ちゃんに日焼け止めを使うのはいつから?選び方や紫外線対策も紹介

投稿日:


桜も開花し始め、お散歩するにも気持ちの良い陽気になってきました。

それと共に、日差しも強く感じるようになり、紫外線の気になる季節になってきました。

そろそろ赤ちゃんへの紫外線対策も考えたいですね。

紫外線対策といえば、日焼け止めクリームを考えると思いますが、赤ちゃんが生後何ヶ月くらいから塗り始めるのが良いのかって、あまり良くわからないですよね。

今回は、赤ちゃんの日焼け止めはいつから塗るのが良いのかや、日焼け止めの選び方、日焼け止め以外にもできる紫外線対策を紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク
  

赤ちゃんの日焼け止めはいつから塗るのが良い?

赤ちゃんへの日焼け止めの使用は、生後6ヶ月過ぎた頃からがおすすめです。

生後6ヶ月未満だと、まだ肌が薄くて弱いので日焼け止めによるアレルギーを起こしやすいと言われています。

アメリカの日焼け止めの製品には、生後6ヶ月から使用することと記載されています。

日本の日焼け止めの製品には、新生児から使えると書かれているものもあります。

なので、新生児から使うこともできますが、使用する日焼け止めのパッケージに書かれている使用月齢は守るようにして下さい。

ここで、勘違いしないで欲しいのですが、日焼け止めを使用するのは生後6ヶ月以降をおすすめしていますが、紫外線対策は新生児から行うことをおすすめします。

先程も書きました通り、新生児の肌は薄くて弱いです。
紫外線の影響も受けやすいので、日焼け止め以外での紫外線対策を行ってあげてください。

赤ちゃんの日焼け止めの選び方のポイントを紹介

赤ちゃんの日焼け止めを選ぶポイントですが、紫外線散乱剤タイプの日焼け止めを選ぶようにしましょう。

成分の欄に酸化チタンや、酸化亜鉛と書かれているものです。そして、パッケージにノンケミカルと書かれているものが多いです。

その他に、紫外線吸収剤タイプの日焼け止めというものがあるのですが、こちらですと成分の欄に、メトキシケイヒ酸オクチルや、ジメトキシベンジリデンジンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチルなどの難しい名前が並んでいます。

こちらは赤ちゃんに使うのにはおすすめできません。

1~2時間程度のお散歩や買い物ならSPF15程度、半日~1日位外出をするならSPF30程度、PAは++程度の日焼け止めを選ぶと良いでしょう。

SPFは紫外線B波を防ぎ、PAは紫外線A波を防ぐ目安となります。

あと、石鹸で落とせるものを選ぶことも大切です。日焼け止めをしっかり落としきれないと、それが肌荒れの原因になったりもします。

石鹸で落とせると書いてあっても、なかなか石鹸で落としづらいものもあるので、まずはあなたの手などに塗ってみて、石鹸で簡単に落とせるかを確認してから、赤ちゃんに使うのが良いかと思います。

スポンサードリンク

また、赤ちゃんは手や足を舐めたりすることも多いので、口に入れても安全なものを選びたいですね。

ちょっと値段は高くなってしまいますが、100%天然由来成分使用といったものは安心感があります。

あと、できればその日焼け止めが赤ちゃんに合うかどうか、パッチテストをしてみましょう。

まず、日焼け止めを赤ちゃんの二の腕の内側などの目立たない部分に塗り、24時間放置します。

この時に、肌が赤くなってかぶれなければ、首などのデリケートな部分に塗ってみます。

それで、問題がないことを確認してから本格的に使うのが良いでしょう。

日焼け止めの種類や、紫外線についても説明しておきますね。

まず、日焼け止めの成分には、紫外線吸収剤でできているものと、紫外線散乱剤でできているものの2種類があります。

紫外線吸収剤は、簡単に言えば紫外線を受けたときに日焼け止めに化学反応を起こさせ、肌に紫外線を吸収させないものです。紫外線をカットする効果は高いですが、その分肌への負担が大きくなります。

それに対し、紫外線散乱剤は紫外線を弾き返すタイプのものです。紫外線吸収剤に比べると紫外線をカットする効果は低いですが、肌への負担は小さくなります。日常生活で使う分には十分な紫外線をカットしてくれます。

そして、紫外線にはA波とB波というものがあり、日焼けをした時に肌を赤く腫らしたり、後にシミや皮膚ガンの原因となるのはB波の仕業です。

A波もB波ほどではないですが、シミやシワの原因となります。

赤ちゃんにしてあげられる紫外線対策を紹介

赤ちゃんに日焼け止めを使い紫外線対策をしてあげることも大切ですが、日焼け止めによるアレルギーなども心配ですし、日焼け止めを塗った手や足を舐め、日焼け止めの成分が口の中に入ってしまうのもちょっと気になりますよね。

そしてまずは、大量の紫外線を浴びさせないことが大切です。

そこで、赤ちゃんにしてあげられる紫外線対策ですが、

・紫外線の強い時間帯(10時~15時)の外出を避ける。
・日陰の場所を選んで歩いてあげる。
・ベビーカーの幌の部分にUVカットのサンシェードを付けてあげる。(または、幌の部分からUVカットのタオルを吊るしてあげる。)
・UVのブランケットを赤ちゃんの体にかけてあげる。(無ければ、あなたのお使いになっているUVカットのストールなどでも可)

などの方法があります。

重複している内容も多いですが、

「紫外線対策を日焼け止め以外で乳幼児に行うにはこんな方法がおすすめ」
なんて記事も書いてますので、よかったら参考にしてみてくださいね^^

まとめ

赤ちゃんに使う日焼け止めについてですが、

・使用は生後6ヶ月を過ぎてからをおすすめします。
・紫外線散乱剤タイプのものを選びましょう。(成分に酸化チタンや、酸化亜鉛と書かれているもの)
・1~2時間程度の外出ならSPF15位、PA++位。半日~1日位外出するならSPF30位、PA++位のものがおすすめ。
・石鹸で簡単に落とせ、赤ちゃんの口に入っても危険がないものが良い。

以上のようなことを、ポイントとして押さえてみてください。

日焼け止めに頼りすぎず、赤ちゃんを紫外線に当て過ぎないことも意識しながら、これからのシーズンを乗り切っていってくださいね^^

スポンサードリンク

-健康
-

Copyright© 葉っぱと水とお日さまと , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.