暮らしマナー

送別会に参加しないでも人間関係が悪くならない断り方とは?

更新日:


バイト先やパート先で行われる送別会。
 
 
人の入れ替わりの激しい職場ですと、それこそ毎月のように歓迎会や送別会と称した飲み会の開かれる職場もあるのではないでしょうか?

子供を預けることができたり独身で時間やお金に余裕のある人なら良いですが、子供がまだ小さい人や家計の少しでも足しになるようにとパート、アルバイトをしている人にとっては結構苦痛だったりしますよね。
 
 
今まではなんとか理由をつけて断ってきたけど、いよいよ気まずくなってきたり、職場の人ともギクシャクしてきたような感じがして、どうしようなんて人もいるのではないでしょうか?

今回はそんなあなたの気持ちが少しでも楽になるよう、アドバイスをしていきたいと思います。

スポンサーリンク
  

送別会に参加しないと人間関係が悪くなる?

送別会に参加したくないという悩みを持つ人は多くいます。
 
 
・子供が小さいのでお留守番もできないし預ける人もいない。
・金銭的に余裕がない。
・お酒が飲めない。
・カラオケが苦手。

など、理由はさまざまです。
 
 
そもそも職場には働きに行っているのだからプライベートまではほっといて!

と言ってしまえばそれまでなのですが、毎日の人間関係もありますし、なかなかそうもいかないですよね。
 
 
毎回、そういう歓迎会や送別会に参加できる環境にある人からすると、

「なんだ、あいつ付き合い悪いな」

とか思っているのかもしれません。
 
 
逆にあなたが相手にそんな風に思われている、そんな素振りを感じる気がするから今このページを見ているんですよね。
 
 
でも、さらに考えてみると相手がそう思っているのは、

「優しい旦那さんと子供達がいていいな」

とか、

「することがたくさんあっていいな」

なんて、やっかみの気持ちからきているかもしれないんです。
 
 
もしかしたら、あなたがいつも歓迎会や送別会に参加できていいなと思っている○○さんが、あなたのことを羨んだり妬んだりしていることもあるのです。

なんか上手く言えませんが、そう考えると気持ちが楽になりませんか?
 
 
 
とは言っても、やっぱり歓迎会や送別会に参加できないことに引け目を感じてしまいますよね。

でも、その引け目を感じるという気持ちが一番いけません。

あなたは、自分が出来ることを精一杯やっているのですから、堂々としていれば良いのです。
 
 
送別会の日には職場でちゃんと退職する人に挨拶をすればよいですし、送別会の次の日は普通に同僚に接すれば良いだけです。

そして、送別会などの付き合いには参加できない人という立場を確立してしまいましょう。

いずれ時間が解決してくれます。

スポンサーリンク

バイト先の送別会の断り方

送別会の断り方ですが、自分の状況をしっかり伝えてしまうのが良いでしょう。
 
 
たまの送別会であれば、

「子供が熱を出してしまった」

とかの理由で逃げ切れるかもしれませんが、毎月飲み会のように開かれる歓迎会、送別会であればそういうわけにも行きません。
 
 
素直に、

「子供が小さくて預けることができない」

とか

「お財布に余裕がない」

など、正当な理由で断りましょう。
 
 
色々と話を聞いてみると、送別会を

「旦那の夕食を作らないといけない」

なんて理由で断る人もいるそうです。
 
 
そこまで行くとどうなのかななんて思いますが、あなたは正当な理由があって断るのですから堂々としていましょう。

そして、送別会の翌日にどんな感じだったかを興味津々に聞いてみて、私も行ければ行きたんだけどみたいな気持ちをアピールしておけば反感もかいづらいでしょう。

最後に少しだけ

あなたも既に感じているかもしれませんが、なんかこの職場面倒くさいなぁ、なんて思ったりしてませんか?

そして今ここの部分まで読んでくださっているとしたら、あなたが今のような職場に務めるのが初めてで対応に困っているということではないのかのと思います。
 
 
もし、そうだとすれば思い切って転職してしまうのも1つの方法かもしれません。

家からの通勤が近いとか、子供の学校などの時間帯とも合うなどの理由でなかなか決断しづらいとは思いますが、人間関係の悩みというのはとても気力体力を使います。
 
 
あなたがもし今の環境に疲れているのであれば、私が言ってしまうのは無責任ではありますが環境を変えてみることも考えてみてくださいね。

送別会のまとめページはこちら
送別会のシチュエーション別おすすめページ

スポンサーリンク

-暮らしマナー
-

Copyright© 葉っぱと水とお日さまと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.