イベント

市原ぞうの国の見どころや食事、東京ドイツ村へのアクセスを紹介

投稿日:


東京ドイツ村のイルミネーションデート。

でも1日東京ドイツ村にいるだけでは物足りない、日中は他の場所でも遊びたいと考えたりしてませんか?

そんなあなたに東京ドイツ村周辺でのおすすめ施設、「市原ぞうの国」について紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク
  

市原ぞうの国の見どころを紹介

<市原ぞうの国 基本情報>

開園時間・・・

12月~2月平日
10:00~17:00
(最終入園時間 16:00)

土・日・祝年末年始 
9:00~17:00
(最終入園時間 16:00)

3月~11月全日
9:00~17:00
(最終入園時間 16:00)

休園日・・・
毎週木曜日
※祝日および春・夏・冬休み期間を除く

料金・・・
大人 ¥1800
シニア(65歳以上)¥1440
小学生 ¥900
幼児(3歳以上)¥500
2歳以下 無料

駐車料金・・・
1台 ¥1000
 
 
市原ぞうの国は文字通りぞうさんが見どころのスポットです。

国内最多の10頭のぞうさんがいて、ぞうさんのショーの他、ぞうさんにおやつをあげたり、ぞうさんに乗ったり、ぞうさんの鼻にぶら下がったりすることができます。

※それぞれ料金がかかります。
ぞうさんのおやつ ¥500
ぞうさんに乗る(ぞうさんライド) ¥2500
ぞうさんの鼻にぶら下がる(ぞうさんリフト) ¥2000

ショーを見るだけなら無料です。
 
 
ぞうさんライドやぞうさんリフトは人気があるので、子供達の休みの時期や土日祝日などは朝のうちにチケットが売り切れてしまうことが多いです。

購入したい場合は朝イチに到着して並ぶのが安全でしょう。予約購入はできません。
 
 
ぞうさんのショーは1日2回、11:30と14:00に行われます。
※ぞうさんの体調や天候によって中止になることがあります。

そして、ショーが行われたあとにおやつタイムやぞうさんライドやリフトなどが行われます。

また、ショーの前後にはショー会場に向かうぞうさんが園内を大行進する姿を見ることができます。
 
 
 
動物とのふれあいもたくさんできます。

普通の動物園ですと小動物と触れ合ったり餌をあげたりするのですが、市原ぞうの国ではキリンやサイなどの大型の動物にも餌をあげることができます。

特にキリンはキリンの目線の高さまで上がり、直接キリンに餌をあげることができます。
 
 
また、アルパカやビーバー、プレーリードッグなどの小動物にも餌をあげることができます。
 
 
その際、動物と間近に接近できるので、楽しくてあまり夢中になりすぎると服が汚れる場合がありますので注意しましょう。

一枚上着の着替えを持っていくと安心です。
 
 
そして冬のぞうの国は結構冷え込みます。防寒対策はしっかりとしていきましょう。

市原ぞうの国の食事について

市原ぞうの国園内にあるのは、ガーデンレストラン「ウッディヒル」のみです。

ですが、テラス席と室内席がありかなり広いレストランです。
 
 
また、メニューも豊富です。

スポンサードリンク

おでんやアメリカンドッグ、肉巻きチーズおにぎりなどの軽食から、焼き鳥丼や豚キムチ丼などの丼もの、パスタ、焼きうどんなどの麺系、
グリーンカレーやプレートランチまで幅広く揃っています。
※時期によってメニューは変わります。

価格は
軽食が300円~500円
丼もの、プレートランチなどは600円~1000円
くらいです。

味も期待はしていなかったけど結構美味しかったなどの意見が多くあり、満足できると思います。
 
 
 
市原ぞうの国から東京ドイツ村に向かうルートの途中にもピザレストランやうどん屋など美味しそうな店もあるのですが、お昼というには中途半端な時間になってしまうので市原ぞうの国園内での昼食をおすすめします。

市原ぞうの国から東京ドイツ村まではどのくらいかかる?

市原ぞうの国から東京ドイツ村までは普段の空いている状態であれば車で30分~40分程度です。

しかし、12月になると土日は16:30頃から駐車場渋滞が始まります。

さらにクリスマス時期になると、夕方には高速道路の近くから渋滞が始まるなど周辺道路は大変混雑し、駐車場まで1時間以上の渋滞に巻き込まれます。

入園できるのは19:30までなので時間には余裕を持ったほうが良いです。
 
 
また、帰りの出口渋滞もひどいので覚悟をしておきましょう。

ツアーで行ったことのある人の話だと、12月初旬の土曜日でもイルミネーションを見て駐車場から出口に向かったのが18時ちょっと前で、出口を出られたのが19時ちょっと前だったそうです。
 
 
園内も混んでいます。

イルミネーションのところは通常1時間から1時間半ほどで回りきることができるのですが、混雑している場合もう少し時間がかかります。
 
 
そして観覧車からの眺めも最高なのですが、暗くなると切符を買うのにもすごく並びますし、観覧車の待ち時間も90分とかになります。
 
 
このようなことから考えても、市原ぞうの国から東京ドイツ村へは早めの時間に移動し夕暮れから夜の始めのイルミネーションを見て、早めにドイツ村を出発しディナーなどを楽しむのがおすすめかと思います。

まとめ

市原ぞうの国を楽しんだあとに東京ドイツ村のイルミネーションを見るというデートコースを考えているのであれば、
 
 
市原ぞうの国には午前中に到着(ぞうさんライドやぞうさんリフトを楽しみたいなら朝一に到着)し、ぞうさんのショーや動物とのふれあいを楽しみ園内で昼食。

午後の早いうち(午後2時か3時頃)には市原ぞうの国を出発し、日暮れ前(できれば午後4時前、観覧車に乗る予定ならもっと早く)には東京ドイツ村に到着し、夕暮れから夜の始めのイルミネーションを見る。

早め(午後6時くらい)に東京ドイツ村を出発しディナーなどを楽しむ。
 
 
こんな感じにすると比較的渋滞なども少なく楽しめると思います。

1つの参考にしてみてくださいね^^

スポンサードリンク

-イベント

Copyright© 葉っぱと水とお日さまと , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.