健康

冷え性を改善する食事とは?手足や下半身から分かること

更新日:

寒くなってくると、手足が冷えて仕方がないという方は多いと思います。

その原因があなたの食生活にあるとしたら…?

おすすめの食事や控えたほうが良い食事、手足の効果的な温め方を紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク
  

冷え性を改善したいなら食事を見直そう

あなたは健康に気を遣い、バランスのよい食事を心がけていますか?
それとも、ダイエット中でカロリー控えめの食事中心ですか?

冷え性の方には、控えたほうが良い食材があります。
それは、夏野菜です。

夏野菜とは、夏に旬を迎える野菜で、ナスやキュウリ、トマトやレタスなどです。

ダイエット中だと、野菜サラダ中心の食事や、朝食はグリーンスムージーだけなんて方もいるのではいるのではないでしょうか?

この野菜サラダやグリーンスムージー、非常に栄養バランスも良く、体には良いものなのですが、体を内から冷やしてしまうのです。

夏野菜には体内の火照りを取ってくれる効果があり、夏バテなどの時にはとても良い食材なのですが、寒い時でも、体内の熱を奪ってしまいます。

ですから、寒い時期にはできるだけ夏野菜を食べるのは控えめにしましょう。

冷え性の方におすすめの食材は根菜類です。

根菜類とは、文字通り根っこの部分を食べる野菜で冬に旬を迎えるものが多く、にんじん、大根、ごぼう、さつまいもなどです。

根菜類には、体を内から温めてくれる効果があります。

ここでは、野菜類を中心にお話しましたが、食材にはそれぞれ、体を温める効果のあるもの、冷やす効果のあるものがあります。
体を冷やす効果のある食材は、できるだけ少なめに取ることをおすすめします。

調理法としては、火を通した食事がおすすめです。
大根やこぼうの煮物や、にんじんを入れた肉じゃがなんていいですね。

また、鍋物も体が温まりますね。
鍋物には白菜がよく合います。

ちなみに体を冷やす効果のある野菜でも、火を通すことでその作用が弱くなります。

冷え性の方は、できるだけ体を温める食材、食事を取るようにし、
体の内側を冷やさないように気をつけてください。

冷え性を改善するには手足を温めればいい?

手の先や足の先が氷のように冷たくなり辛い…。

このような方多いと思います。

手の先や足の先を温めるには、とにかく手の先や足の先を暖かくするのがいい。
と思いがちですが、意外にもお腹を温めるのが効果的なんです。

そのためにも、腹巻をするのはおすすめです。

ちなみになぜお腹を温めるのが良いかというと、人間の体は冷えてくると、生命活動に大切な内蔵を1番に温めようとします。
そのため、温かい血液を内蔵の方を集めようとするため、手先や足先の末端に血液が回りづらくなり、手の先や足の先が冷たくなるのです。

スポンサードリンク

なので、内蔵(お腹)を温めれば、体は手先、足先まで血液を回してくれるのです。

また、足先の冷えの原因は足の筋肉が凝り固まり、毛細血管の働きが悪くなっているというのもあります。

なので、あまりヒールの高い靴は履くのを控え、スニーカーなどを履く。
家の中では靴下は薄手のものにし、足先を自由に動かせるようにしてあげることで、足の筋肉に刺激が加わり、毛細血管の働きが良くなり、冷えの改善につながる。
ということもあります。

足先を暖めるには、厚手の靴下を履くよりもレッグウォーマーが効果的です。
かかとからすねの辺りまでを温めることにより、足先も暖かくなってきます。

いずれにせよ、手先、足先を温めるにはその部分を温めるというよりは、全身を温めるあげることが大切です。

腹巻やマフラー、レッグウォーマーやリストウォーマー、手袋を効果的に使い冷えを改善していきましょう。

冷え性を改善すれば下半身って痩せるの?

上半身は結構細いのにお尻から下のボリュームが凄いなんてお悩みの方はいませんか?

冷え性だし、冷え性を治して代謝を良くすれば下半身もスリムになるよねとお思いの方も多いと思います。

しかし、下半身太りの女性の多くがかかえる悩みのセルライト、これは、体の老廃物と脂肪細胞がくっついた皮下脂肪なので、血流を良くし、冷え性を改善するだけでは無くなりません。

体を温める食事や、体を冷やさないような服装などに気を付けながら、
体の老廃物を効率よく排出する必要があります。

そのために効果的なのが着圧ソックスです。

着圧ソックスを履くことにより、
血流が良くなる
リンパの流れが良くなる
体の老廃物を排出しやすくなる
などの効果を期待でき、冷え性改善とセルライト除去にはうってつけです。

なお、入浴後などの血流が良い状態で着圧ソックスを履くとより効果が高まります。

そして、履ける環境があるなら職場などでも履くことをおすすめします。

注意点は、
自分のサイズに合ったものを選ぶ
四六時中、履きっぱなしにはしない、履かない時間もつくる
(履いたままだと、体の自己代謝の機能が衰える)
ことです。

また、マッサージも効果的です。
入浴中に行うと更に効果が上がります。

ただ、あまり力を入れすぎると毛細血管やリンパ管を傷つけてしまい、かえって逆効果になってしまうこともありますので、痛気持ちいい程度で行うことがコツです。

まとめ

食事方法や、身に付けるものの工夫次第で、冷え性は改善することができます。

自分にできそうなことから、少しずつ始めていきましょう。

スポンサードリンク

-健康

Copyright© 葉っぱと水とお日さまと , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.