生活の知恵

自転車通勤の寒さ対策で顔や足、手を暖かくするには

更新日:


寒くなってくると自転車の通勤って大変ですよね。

耳がとても冷たくなって頭が痛くなってきたり、足先から冷えて身体全体が寒くなってきたり・・・。

そんな冬の自転車通勤を少しでも暖かくできるような方法を紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク
  

自転車通勤の寒さ対策で顔を暖かく

自転車で走っている時に顔に受ける冷たい冷気、嫌ですよね。

特に耳などは冷たくなってくると痛くなってきますし、さらにひどくなると頭が痛くなってきたりします。
 
 
そこでおすすめなのは、やはりなんといってもイヤーウォーマーです。

昔ながらの頭の上からかけるものや、後頭部の方から回してかけるものなど色々な種類の物があり、デザインがおしゃれなもの多くあります。
 
 
あと、鼻も冷たくなると痛くなったり赤くなってしまったりして嫌ですね。

マスクをしたり、長めの丈のネックウォーマーを鼻の辺りまでかけてしまうと温かいです。
 
 
そして、首筋を温めるにはマフラーよりもネックウォーマーの方がおすすめです。
ネックウォーマーの方が首にぴったりフィットするので隙間からの風も入りづらいですし、マフラーの端が風にたなびいて何かに引っかかったりということもないので安全です。

自転車通勤の寒さ対策で足を暖かく

自転車通勤での寒さ対策として重要なのは、足先と足首を冷やさないことです。ここが冷えてしまうと寒さが全身に伝わってきてしまいます。
 
 
そのためにはムートンのブーツなど、暖かい素材のものを履くことがおすすめです。

さらにタイツやレギンスなどを履き、足全体の防寒もしっかり行いましょう。
 
 
また、勤務先で履くものを交換できるなら、通勤時には普段よりもワンサイズ大きめの靴など履く事がおすすめです。そうすることで、靴下の2枚履きなどもしやすくなります。

靴下を重ね履きする際には、ウエットスーツ素材の靴下などというのも販売されているようです。とても防寒効果の高いものですので、興味をお持ちになったら検索してみてくださいね。
 
 
さらに防寒対策に多少ランニングコストをかけても良いという方なら、足先用ホッカイロもおすすめです。これを靴下と靴下の間に挟み込んだり、靴下に貼り付けたりしておくと、とても暖かいです。
 
 
そして防寒効果の高いアイテムは、バイク用品店や作業用品店、またキャンプ用品や登山用品を扱うお店に多く置かれています。

これらの仕事や趣味は防寒対策が非常に重要となってくるので当然といえば当然ですね。

そういうお店に行ってみて自分に合った防寒用品を探してみるのも良いと思います。

スポンサードリンク

自転車通勤の寒さ対策で手を暖かく

自転車通勤で手を暖める効果が高いのは、やはりハンドルカバーです。

ハンドルカバーを付けることにより手に受ける風を防ぐことができます。そしてなんといっても暖かいです。

さらに自分の手にも手袋をはめて、自転車に乗れば手の寒さ対策としてはバッチリだと思います。
 
 
でも、ハンドルカバーは見た目的にもちょっと・・・。
と思う方もいると思います。

そういう方は、手の防寒対策をしっかりとしなければなりません。
 
 
手袋を2枚重ねるのは基本です。
内側は発熱効果のある薄手の手袋、外側は風を通さない素材の厚手の手袋が良いでしょう。

スキー用の手袋など暖かくて良いのですが、やはり素材が分厚いので多少ハンドル操作がしづらくなってしまいます。

なので手袋を購入する際は、暖かさだけでなく実際に手を動かしてみて、自由に動かせるかどうか確認してみるのも大切です。
 
 
また、ヒーターを内蔵している手袋なんていうものも売られています。

乾電池で動くので、自転車通勤にはもってこいだと思います。

自分で使用したわけではないので何とも言えませんが、とても暖かいようです。
 
 
少し話は逸れてしまいますが自転車通勤の際、外側に着るものは風を通さない素材のものがおすすめです。

一見、ダウンジャケットなどは暖かそうに感じますが風を通してしまう素材のため、こと自転車通勤に使用するとなると防寒効果はあまり高くありません。

ウィンドブレーカーは、外からの風は通さず中からの汗は発散するものが多いので、自転車通勤の際にはおすすめのアウターです。

とにかく一番外側に着るものに関しては、体のどの部分でも風を通しづらい素材を選ぶということを意識してみてください。

まとめ

冬の自転車通勤をする際には、

アウターは風を通さず中からの汗を発散するもの。
インナーは発熱効果のあるもの。

そして、厚着しすぎないようにしながら、手先、足先などの末端と、耳や首筋を冷やさないようにすることが大切です。

着るものを工夫しつつ、快適な自転車通勤をして下さいね。

スポンサードリンク

-生活の知恵

Copyright© 葉っぱと水とお日さまと , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.